話題の吹奏楽と楽器の説明

ホルンは楽器の仲間であり、カタツムリのような形の円錐のような管と、ロータリー式のバルブを持ちます。音色がやわらかくて木管楽器とも大変調和し、大抵の木管五重奏ではホルンを加えます。ホルンが加えられている。
ユーフォニアムは低音楽器の一種であり、数回巻いた円錐管と、通常4つの弁を持ちます。

柔らかく丸みをもつ音色です。
各国によっていろんな形を持ったユーフォニアムを見受けます。

ピアノという楽器は、弦をハンマーで叩くことで音を出す打楽器の仲間であり、一般に据え付けて用いるとても大きな楽器で現代の標準的なピアノは88鍵あり、音域が非常に広くクラシックのオーケストラのすべての音域よりも広いです。トランペットは楽器の一種であり、管は全体としては円錐形だが、全長に対し円筒部分の割合が大きくて、楕円状に巻かれて、そこに3つのピストンを備えます。バルブにより管長を変えることによって音の高低を出します。
サックスは大小おおくの楽器が存在していますが、それらの楽器はみんなほとんど似たような形状になっています。

サックスの管は、手前から先の方に向かって、大体一定の割合で太くなり、全体として円錐状になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*